進んでいる

誰もが社会的参加ができるように、さらに高齢化社会がどんどん進んでいく現状の中、家をバリアフリーにリフォームする家庭が増えてきました。
手すりの取り付けや、階段といった段差を減らし車椅子やベビーカーでも通行できるようにスロープを増やして行きました。 Read more

日本での取り組み

日本でのバリアフリーの取り組みは1970年代はじめに仙台で行われた「福祉のまちづくり」という集いがきっかけです。
さらに数年後には国土交通省が高齢者、障碍者、などの通行の安全のために通達をだしたりしていますが、しばらくは何の変化はありませんでした。
国際連合が1981年を国際障がい者年と定め、内容は「完全参加と平等」で世界中に広がって行きました。 Read more

バリアフリーとは何か

簡易的に説明すると手すりをつけたり、段差などを取り除き生活しやすくすることです。 Read more

介護が必要な人

これらのバリアフリーの需要が高まり、リフォームの工事を行う業者が増えています。
建築会社などが積極的に各家庭での工事を行い、住宅メーカーでも安全性の高い理想的な家として設備などを紹介しています。
工事を行う業者に分からないことや工事内容などを問い合わせる無料の相談を受け付けるなどして、利用者に安心なサービスを行っています。 Read more

手すりの取り付け

バリアフリーの設備には、手すりを取り付けていくなどの工事があります。
高齢になるとどうしても足腰が弱ってくるので、それによって歩きづらくなったり、座ったり立ったりすることが困難になってきます。
そのことから手すりの取り付けは、転倒を防止するなどの安全性機能が優れたものとなっています。
廊下や階段に取り付けるだけでも、歩いたり上ったりしやすく体にかかる負担も軽減されます。 Read more

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年2月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728